免許の取り方

未分類

あこがれの大型二輪免許。早く取得して大好きなバイクを購入し、乗り回したいと思う方は多いでしょう。ところで、大型二輪の運転免許はいったいどのようにして取れるのでしょうか。ここでは、大型二輪運転免許の取得方法についてお話します。

大型二輪の運転免許は、教習所を利用する方法と、試験場などでのダイレクト受験で採る方法があります。教習所を利用する方法では、教習所で技能教習と学科教習(普通免許を持っているなら1時間だけ。普通二輪を持っているなら免除)を受け、卒業検定を受けて、試験場での受験にのぞみます。ここでは簡単な適性検査と学科試験を受けます。学科試験は文章問題が90問、イラスト問題が5問。95問中90%以上正解で合格となります。試験に合格したら、免許証を受け取って帰宅です。

ダイレクト受験では、教習所で勉強せず、試験会場に直接出向いて受験します。試験会場では、簡単な適性検査、学科試験、技能試験を受けます。合格したら取得時講習、応急救護講習をうけ、免許証を受け取って帰宅です。

ダイレクト受験は独学なので、教習所に通う手間と費用を省けるという利点がありますが、手取り足取り指導してくれる教官がいないというのはデメリットです。教習所では、大型二輪についての豆知識が得られ、一人一人に合った指導をしてもらえるので、やはりメリットは大きいです。最短6日間からのバイク合宿免許プランもありますので活用してみると良いでしょう。旅行気分で合宿免許に参加してみるのもいいかもしれません。