免許の取り方

未分類

あこがれの大型二輪免許。早く取得して大好きなバイクを購入し、乗り回したいと思う方は多いでしょう。ところで、大型二輪の運転免許はいったいどのようにして取れるのでしょうか。ここでは、大型二輪運転免許の取得方法についてお話します。

大型二輪の運転免許は、教習所を利用する方法と、試験場などでのダイレクト受験で採る方法があります。教習所を利用する方法では、教習所で技能教習と学科教習(普通免許を持っているなら1時間だけ。普通二輪を持っているなら免除)を受け、卒業検定を受けて、試験場での受験にのぞみます。ここでは簡単な適性検査と学科試験を受けます。学科試験は文章問題が90問、イラスト問題が5問。95問中90%以上正解で合格となります。試験に合格したら、免許証を受け取って帰宅です。

ダイレクト受験では、教習所で勉強せず、試験会場に直接出向いて受験します。試験会場では、簡単な適性検査、学科試験、技能試験を受けます。合格したら取得時講習、応急救護講習をうけ、免許証を受け取って帰宅です。

ダイレクト受験は独学なので、教習所に通う手間と費用を省けるという利点がありますが、手取り足取り指導してくれる教官がいないというのはデメリットです。教習所では、大型二輪についての豆知識が得られ、一人一人に合った指導をしてもらえるので、やはりメリットは大きいです。最短6日間からのバイク合宿免許プランもありますので活用してみると良いでしょう。旅行気分で合宿免許に参加してみるのもいいかもしれません。

 

 

免許を取るための条件

未分類

自動車の普通免許は、年齢や視力など取得に必要な条件があります。大型二輪免許もその点は同じです。ここでは、大型二輪運転免許を取得するために必要な条件についてお話します。

まず年齢です。大型二輪の免許が取得できる年齢は18歳以上となっています。これは、卒業検定を受けるときに18歳になっていればよいということですから、もうすぐ18歳、という時点で教習所に通い始めることができます。

さらに、視力は両眼で0.7以上、片眼で0.3以上必要です(コンタクトやメガネの使用が認められています)。そのほか、赤、青、黄色の色彩判別能力、警音器の音が聞き取れる聴力も必要とされます。また、大型二輪を運転するに当たって必要とされる身体能力も求められます。

大型二輪の免許は、普通二輪の運転免許を持っていなくても取ることができます。しかし、教習所によってはまず普通二輪の免許を取るようにすすめられることもあります。特に、二輪の操作に慣れていない場合や、背が低めで足が地面に届きにくい場合などです。

たいていの教習所では、普通二輪を先に取っておくと大型二輪の免許はもっと短時間でとれるようになっています。また、費用も大型二輪を一発でとるのとさほど変わらないように設定されていることがほとんどです。大型二輪を一発で取るか、普通二輪から取るかは悩むところです。まずは教習所で相談してみるのもいいでしょう。

大型二輪の運転免許

未分類

バイク好きなら大型二輪の運転免許にあこがれるのではないでしょうか?大型二輪の運転免許は日常生活において必須でなくても、実際に大型バイクのモデルを見てあこがれて免許を取る人も多いです。大は小を兼ねる、ではないですが、普通自動二輪の免許では乗ることのできなかった、あこがれのバイクに自由に乗ることができるのは魅力です。

大型二輪運転免許の魅力はほかにもあります。大型二輪とは、総排気量400ccを超えるバイクのこと。総排気量が大きければ大きいほど、アクセルを開いてから自分の望むスピードが出るまでの時間が短くなります。ですから、まるで自分の手足のようにバイクを乗りこなすことができる、それが大型二輪の魅力なのです。また、お腹に響くエンジン音も快感。バイク好きなら、このエンジン音を聞くだけで楽しくなるものです。

ところで、大型二輪運転免許の取得は難しいのでしょうか?二輪自体が初めてなら特に、慣れるまでに少し時間がかかるでしょう。大型二輪は、スクーター型を除いてクラッチ操作や足でのギアチェンジ操作が必要です。また、コーナーを曲がるときにはバンクして曲がるなど、スピードとバランスの兼ね合いを体で覚える必要もあります。普通二輪を乗りこなしていた方でも、普通二輪と大型二輪では、重さもパワーもぜんぜん違うので、最初は戸惑うかもしれません。しかし、練習次第で簡単に乗りこなせるようになるでしょう。

このサイトでは、大型二輪の運転免許の取得方法についてお話します。いくつか方法があるので、自分に合った方法を見つけ、念願の大型二輪免許を手に入れましょう。